読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

守屋直幸 - まみのβグルカンの勧め - 守屋祐生子

守屋祐生子さんと守屋直幸さんがこよなく愛しているβグルカン、ベータグルカンとは何?効くの?を調査致します。

βグルカン4

βグルカン

引き続きキャッツドットコムや株式会社アオレオで販売されている

βグルカン商品についてです。

興味あるかたは下記業者よりご購入下さい。

 

株式会社オルタス

 

運営統括責任者名:山中敏昭

 

住所:千葉県市川市南八幡3-20-16

 

 

 

株式会社キャッツドットコム

 

代表取締役守屋祐生子

 

住所:東京都港区白金台2-7-7

 

 

 

株式会社アウレオ

 

代表取締役守屋直幸

 

住所:千葉県君津市かずさ小糸54-1

 

健康食品の品質(含有率・含有量)を厳密に比較するには、 同じ量に含まれる機能性成分量を比較するか、 もしくは同じ費用で購入できる機能性成分量を比較することで優劣が評価/判断できます。

しかし、話題の機能性成分であるβグルカン(ベータグルカン)を含有する健康食品は数多く販売されていますが、 重要であるはずのβグルカンの含有量が明示されることは少なく、 多くは比較さえできない製品が多いのは残念な状況です。

多糖類に関する研究/分析技術の進んだ欧米製の製品ならば、必ず機能性成分の含有量が明記されています。 高度な技術・装置・データ蓄積が必要なために、日本では難しい高純度βグルカンの分析も、 先進の技術と経験が生かされているのです。 欧米製のパン酵母由来のβグルカン(ベータグルカン)は、 このような分析技術によって成分が明らかにされた内容のしっかりした健康食品と言えます。

天然酵母から近代技術の粋を結集して抽出・精製されたβグルカンは、現代最高の高純度βグルカンです。 旧来のサプリメント製品と比較すると、高純度βグルカンで一世を風靡し有名になったアガリクスや、 宣伝の多いハナビラタケ健康食品の2倍以上、 迷惑な勧誘の多い黒酵母エキスの約50倍にも達する 豊富なβグルカン(ベータグルカン)が含まれています。

原料としてパン酵母(イースト菌)を用いたβグルカン健康食品は 非常にβグルカンの含有量が多いため、 旧来の健康食品と比べても同じ製品量なら遥かに多いβグルカンを摂れます。 つまり、より安い費用で最大量の機能性成分βグルカンを摂取できるのです。

また、パン酵母ベータグルカンには、 詳細分類が存在するβグルカンの種類の中でも注目の機能性成分である ベータ1,3Dグルカンの構成比率が極めて高いことが「高分子連鎖分析検査」で判明しています。

このベータ1,3Dグルカンの含有量は、同じくβグルカンが機能性成分であるハナビラタケ、 カバノアナタケ、黒酵母デキスの数十倍の含有量に相当します。 これが効率的にベータ1,3Dグルカンを摂取できるパン酵母βグルカンの秘密です。

効率と実績を重んじるサプリメントの本場である欧米では、 マイタケ、ハナビラタケアガリクスメシマコブ等のキノコ由来βグルカン健康食品も ベータグルカンの含有量を比較されます。 例えば100gあたりのベータグルカン含有量、 もしくは千円で買えるβグルカン量を比べるのです。 そこでは価格と品質、機能性と実績の全ての要素を比較されますが、 最後に選択されるのがパン酵母由来のβグルカン(ベータグルカン)となるのは必然だったと言えます。 日本では、紹介されてまだ新しいサプリメントであるため知る人は少なく、 また高価なために継続摂取が難しかったのが実情です。

広告を非表示にする