読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

守屋直幸 - まみのβグルカンの勧め - 守屋祐生子

守屋祐生子さんと守屋直幸さんがこよなく愛しているβグルカン、ベータグルカンとは何?効くの?を調査致します。

βグルカン8

βグルカン

引き続きβグルカンについてです。

最初にお友達のサイトです、もしよかったらクリックしてみてくださいね。

稼げる!ネットワークビジネスランキング!|キャッツドットコム|アムウェイ|ニュースキン|

 

おすすめネットワークビジネスのことならネットワークドットコム|キャッツドットコム|スターライズ|

 

キャッツドットコムやアムウェイなどのMLM企業商品をレビューする、めぐみんブログ

 

キャッツドットコムやナチュミンジャパンなどネットワークビジネスを比較するNetwork.biz

 

キャッツドットコムを始めとするMLM企業の評判を調べる「めぐめぐブログ」

 

 昨年9月。キノコに含まれるβ-グルカンの有効性を覆す研究成果が発表され波紋を広げた。β-グルカン有効説に一石を投じたのは、大阪大学病院の藤本講師。レンチナンを使ったマウス実験で、心筋障害の原因となるなど、グルカン多糖体が心筋に悪影響を与える作用があるとしてキノコ健康食品の過剰摂取に警鐘を鳴らしたのだ。

 

 藤本氏の研究結果について、元国立がんセンター研究員で、30年以上にわたってキノコ研究に携わってきた池川哲郎氏(日本統合医学研究会常任理事)は、「レンチナンは副作用として、胸部圧迫感などが報告されているので、心筋障害との関係も否定できない」と話す。もともとレンチナンが免疫賦活剤に認可されたのは、池川氏が国立がんセンター時代に、シイタケから取り出した熱水抽出物に抗腫瘍活性作用があることを突き止めたことがきっかけだった。レンチナンの産みの親とも言うべき池川氏の見解は傾聴に値する。

 

 

 ただ、健康食品については藤本氏と池川氏の見解は異なる。この問題で地方紙の取材を受けた池川氏は、「多糖類は一般に分子量が大きく、注射で体内に入った場合は悪影響が出ることもあり得るが、経口で摂取する健康食品が注射剤と同じ副作用があるとは考えにくい」とコメントしている。

 

 池川氏によると、キノコの効果判定では、投与経路や動物モデルなどの条件によっても、結果は大きく変わってくるという。

 

 「キノコの動物実験はほとんどが腹腔内投与だが、ヒトでは経口で効果があるかどうかがポイントになる。我々の研究でも、実験モデルへの腹腔内注射では、β-1/3グルカンのEA3は強い相乗効果を示したが、低分子蛋白結合多糖類のEA6も強い作用を示した。しかし、同じ実験モデルで経口投与に変えた実験を行うと、EA3はまったく効果を示さなかったが、EA6は非常に強い作用を示した。このようにキノコ類で経口投与で効くものはグルカンなどの単純多糖体とは異なるものであることが推察される。実験モデルも異系腫瘍に有効か、同系腫瘍に有効かで評価は変わってくる」(池川氏)。

 

 また、ヒトでの検証では、治療効果をみる場合は医薬品と同じ手順が必要だが予防効果をみるには、症例対照研究、大規模介入試験が必要になるという。

 

βグルカン商品のご購入は下記業者で。

 

株式会社オルタス

 

運営統括責任者名:山中敏昭

 

住所:千葉県市川市南八幡3-20-16

 

 

 

株式会社キャッツドットコム

 

代表取締役:守屋祐生子

 

住所:東京都港区白金台2-7-7

 

 

 

株式会社アウレオ

 

代表取締役:守屋直幸

 

住所:千葉県君津市かずさ小糸54-1

 

広告を非表示にする